時間は未来から過去に流れる


.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+

─…‥心と身体のStudyMail‥…─

読者さま
こんにちは。山咲凛子です。

 
昨日11時に配信予定だったのが、システムのトラブルにより配信できませんでした。
さっそく…(泣)
申し訳ありませんm(_ _)m
24時間がかりで復旧し、今朝ようやく配信しました。
心配になって再登録してくださった方もいてお騒がせしました。

 
改めまして。
登録くださった皆さま、引き続きご覧くださっている皆さま、ありがとうございます。
そしてたくさんの応援メッセージ、ほんまにほんまにありがとうございます!
これから進む道は私自身の課題。
それは私がいかに自分自身に対して正直であるかのチャレンジ。
苦しいことですら楽しみながら共有できたらと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします!

 
ところで。
自立するってなんて大変なのでしょう。(←いきなりボヤキですんません)
今まで人に頼っていたことを自分で責任を持ってやるわけですから、上手くいかないことだらけ。
四方八方から矢が飛んで来るような感じ(笑)
メルマガが上手く起動していないことがわかり、不眠不休で試行錯誤して
パソコンは自信ないと言う友達を無理やり呼んで…
最終的にちっちゃなチェックマークが1コ抜けていただけでしたw
焦れば焦るほど盲目ですw

 

 

 
さて。。週末は日本中が大荒れでした。
被害に遭われた方には心からお見舞い申し上げます。
想像以上の被害の大きさに驚きました。
大阪市内も物凄い雨で、授業中には地震がありました。

 
私たちは自然の力に抗えない。
だけど私にできることは何だろうと考えました。

—————————-
時間は未来から過去に流れる
—————————-

って思ってみる。
通常、時間は過去から未来に流れるものと思っていますが、誰かから教えられたわけでもなく、いつの間にか何となく思い込んでいる情報です。
この「何となく思い込んでいること」を私たちの脳は実現しています。
人は常に時間軸の中にいて、過去と未来の狭間に立っています。

 
とくに恐怖体験は、気持ちが引っ張られてしまいますね。
それは忘れてしまったような遠い記憶でも身体がその感覚を覚えていて、似たような事が起こると身体が不快をいち早く再現してしまうんですね。
だけどそれを一瞬で変えることだってできます。
“時間が未来から過去に流れている”という考え方は、私たちの心を救ってくれるのです。

 

 

 
自然災害の復旧はいつになったらもとの状態に戻れるかわからない、途方もない作業だと思います。
作業をしながら意識が過去にあるととても悲しく辛い毎日になります。
あの雨さえ降らなければ…
あの時こうしておけばよかった…
こんなことになるなんて…
と悔みながら始末に追われることになります。

 
でもどうにかして、意識を未来に持っていってほしいんですね。
空を見上げるとか、遠くの山を眺めるとかすると意識が変わるんですが。
そして、私は半年後どうなっていたいかなぁ。
あるいは3年後どうなっていたいかな。
これだけは実現しようというものを決めるんですね。
で、今からそこに向かって歩き始めるんです。

 
過去に引っ張られて、あんなことさえ起こらなければ…と思いながら過ごすと、半年後・3年後も今とあまり変わらない未来になりやすい。
未来を確定させた人は、そこから遡って今日の過ごし方が変わり、思っているところに辿り着く可能性が高いのです。
そして重い気分のまま作業をするより、目的を持って作業した方が身体は力を出す。
また、とっさの時の身体の反応が良く、万が一のときでも身体は自分を護ろうとする機能が働きます。

 

 

 
もしお知り合いが被害に遭われていたら、こんなふうに返してあげてください。
ものすごい雨「でした」ね。
たくさん被害が出て「いました」ね。
怖「かった」ですね。
大変「だった」でしょう。
起こった出来事は辛いことかもしれない。
だけどすでに過去だということを何となく感じさせてあげるのです。

 
私は阪神大震災の被災者で、東北大震災のときにフラッシュバックを起こしました。
17年も前のことなのに、今がいつなのか一瞬でわからなくなりました。
でも自己編集ワークでわずか1分で切り離すことができました。
そして先月大阪で地震があったときは、布団にくるまったまま2時間動けませんでした。
フラッシュバックを起こさないように…と頭の中で思考が戦っていました。

 
ところが。
前日Neoビジのトレーニングだったことを思い出したとき…
昨日大阪で泊まってる関東方面のナースはどうしてるだろう?!
師長や管理者をしているナースは?!
みんな無事?!
わー!わたし責任あるやん!
将来大切な役割を担うナースたちの命を預かってるのに!!わたし!!
って思った途端、目が覚めました。

 
頭の中が過去だけだったら、記憶にやられてしまう。
未来があれば今に気がつきます。
被害に遭われた方々が未来に向かって歩き出せますように。
お祈りいたします。

 

 
■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

【看護の本質とは】

看護の本質は「関わり」である。
日常生活の援助とコミュニケーションを通して心身の問題を解き、その人なりの正道に従えるよう導くこと。
その人が正しいと思う日常生活が維持でき、健全な心と身体を取り戻す関わりが看護の本質である。
ゆえに看護師は自らの身をもって予防を実践し、実存的価値を探究し続ける存在である。

山咲凛子

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

発行者
日本ナースオーブ/山咲凛子

関連記事

  1. 夢を叶えるコツは五感

  2. 病気卒業の8原則

  3. 【ご一読ください】

  4. 髪の毛わしづかみ。子供と母親の深層心理って?

  5. Wellnessナースに移行します!

  6. 成功には代償を伴う