生きてる感がある!ってどゆこと?


.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+

─…‥心と身体のStudyMail‥…─

読者さま
こんばんは、山咲凛子です。

 
「ナースサミット2018」クラウドファンディングが動き始めています。
さっそく支援してくださった読者さま、ありがとうございます!
温かいコメントがすごく励みになっています。
電話相談も多数いただき感謝いたしますm(__)m
https://readyfor.jp/projects/nurse-summit2018

 
もうね、毎日めちゃクソ生きてる感あります。
ナースサミット2018を東京国際フォーラムでやると決めたせいで、とんでもない資金が必要になったこと、
少なくとも500名くらいのナースに興味を持って来ていただかなければ成立しなくなったこと。
動き始めたものの、現状ではとても到達できる数字ではないのを痛いほど感じます。

 

 

 
“生きてる感がある”というのは、痛みを伴っているときめちゃくちゃ感じる感覚です。
リストカットを繰り返してしまう理由をご存じですか?
一つは、リストカットをすると周囲が気遣ってくれる、心配してくれる、注目してくれるなどメンタル的な欲求が満たされます。
もう一つ、身体の欲求が満たされるため、やめたくてもやめられない中毒作用があります。

 
強い痛みを感じるとき、あるいは滴る血液を見たとき、脳は恐怖をやわらげるためにアドレナリンやドーパミンなど興奮物質を放出します。
アドレナリンやドーパミンには麻薬効果があるため、無意識レベルで身体は快感を感じています。
読者さまも経験ありませんか?
強い痛みを感じているとき、恐怖や苦痛の奥で“今わたし生きてるー!”と感じた瞬間。
身体が生きている証を感じているのです。

 
めちゃクソ生きてる感があるということは、同じだけ、めちゃクソ死にたくなる感覚もあります。
数日後に迫っている数百万の支払いをどうするか、まずこの痛みを解決しなくては次に進めないのですがそうもいきません。
融資を受けるための事業計画書類を毎晩作成しながら、自分自身の新たな仕事にチャレンジしながら、コミュニティとしてのナースサミットをアウトプットし続けること、自分を表現し続けること…
昨年のナースサミットは初めてのことだったので、ただひたすらトライしているうちに、あれよあれよと到達させていただきました。

 
珍しいイベントだったので仲間も集まってくれました。
ですが今年は同じようにいきません。

 

 

 
1回目がうまくいった場合、2回目は難しくなります。
読者さまも経験ありませんか?
初めてのことなのに周囲が驚くような結果を出したこと。
試しでやってみた競馬で当たったとか。
初めてのボーリングですごいスコアを出したとか。

 
だけど2回目以降はそうもいかない。
その後も結果を出したいなら、黙々とトレーニングを重ねなければ上達しませんね。

 
1度目は直観で到達することができても、2度目以降は身体が覚えるまで練習を繰り返さなければならないのです。
知識を習得し、手足を動かして淡々と前に進み続けること。
しかもナースサミットは期限があるので、頭で考えている時間はありません。
ってか、いくら頭で考えて言葉を並べ立てても無理なんです。

 
なぜか…?
現状に満足できていない自分が、今の自分の正しさに従っていても、何も変わらないからです。

 

 

 
今週、5日間連続でオートマチックプログラムです。
奇しくもビジネスがうまくいっている男性ばかり。笑
だからこそ女性性が虐げられて身体のバランスを失っていて、私とは真逆の価値観を持っている人たちです。
おそらく相手にとっても、女性から教わることや、身体や無意識の学びは理解しがたいことの連続でしょう。

 
個人と社会、
自由と責任、
想像と現実、
愛とお金、
女性性と男性性、
意識と無意識…
とにかくあらゆる対極を昇華するプロセスにいて、その狭間で身がちぎれそうな感覚に襲われることがあります。

 

 

 
何年ぶりかな?
朝どうしても起きるのが嫌で、大声上げて足をバタつかせて大泣きしました。
自分が決めたことから逃げたくても逃げられない苦しさ。
なぜこんなことになったのか考えて人のせいにしても事は進まない。
そんなつまらない人間になり下がりたくない。
ただ、自分が決めたことに自分で責任を持つしかないのだ。

 
とはいえメタがあるので、そんな自分をどこかで見ている視点が同時にあり、いつまでも泣いていられないのがわかってる。
以前のように引きこもったり落ち込んだり、悩んでいられる状況じゃないし。
時計を見ながら泣いている自分が馬鹿らしくなってやめました。笑

 
やーめた!と思って起き上がり、身体を動かしたとき。
今の自分に足りないものに気づきました。
それは私がずっと避けていたこと。
毛嫌いしてきたこと。
看護師には無縁なこと。
自分の馬鹿さ加減を感じ、無知の知を取り戻した瞬間、新たなステージが見えました。

 

 

 
営業技術です。
おえぇw
想像しただけで吐きそうですが、ビジネスは対人関係なのだからきっと基本は習得済みのはず。
応用を学んで即実践に入ります。
できるだけ早くたくさん失敗した方が実現に近づく。
自分にYES!って言いたいから。
真逆の価値観を持った者同士を引き合わせてくれた、両者の無意識に感謝しかありません。

 
一緒に進んでいきませんか。
未来の看護の視点とビジネスのセオリー共有します。

Wellnessナース2day集中講座
https://www.nursewix.com/wellness2

東京10/6,7
大阪10/27,28

————————————

-電話相談はこのメールに返信ください-
「人間関係の悩み」「身体の悩み」
ナースサミット実現のため1分100円ご協力ください^^

————————————

メタボNUKEインテリジェンス
https://nurseorb.com/lifestyle/metabo

————————————

メタボNUKE潜在パーソナリティ
https://nurseorb.com/lifestyle/metabo2

————————————

生活習慣病予防
オートマチックプログラム
https://nurseorb.com/rinko-yamasaki/coaching

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

【看護の本質とは】

看護の本質は「関わり」である。

日常生活の援助とコミュニケーションを通して
心身の問題を解きその人なりの正道に従えるよう導くこと。

その人が正しいと思う日常生活が維持でき
健全な心と身体を取り戻す関わりが看護の本質である。

ゆえに看護師は自らの身をもって予防を実践し
実存的価値を探究し続ける存在である。

山咲凛子

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

発行者
日本ナースオーブ/山咲凛子

関連記事

  1. 髪の毛わしづかみ。子供と母親の深層心理って?

  2. 死者が語るコトバ

  3. 健康面で後悔していること第一位は何?身体と上手に付き合うコツ…

  4. 【速報!】

  5. 病気卒業の8原則

  6. 時間は未来から過去に流れる