ナースWelllnessセンター実現!NSご報告

.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+.。.・゚+

─…‥心と身体のStudyMail‥…─

読者さま
こんにちは、山咲凛子です。

 
「ナースサミット大成功でしたね!」
お祝いのメッセージをたくさんいただきました。
ありがとうございます!
今までネット上のやり取りだった60名のナースが一堂に集結して円陣をつくった瞬間、エネルギーが一つになって上昇していくのを感じました。
感無量でした。
ご協力くださった皆さま、ご支援くださった皆さま、ありがとうございました。

 
FBをご覧の方には会場の様子が伝わったのではないでしょうか。
私のタイムラインには100以上あるんじゃないかと思うほど、ナースサミットの投稿が続いています。
皆さんの投稿がほんっと嬉しくて。
面と向かって話せないことを改めて表現してくださり、感動の数日間を過ごしました。

 

 

 
昨年のナースサミットでお配りした冊子に、医者や看護師がヒマになって廃業する社会にして、仕事がなくなったらナースWellnessセンターをつくりたいって書いていました。
そこには看護師ひとりひとりの部屋があり、経歴や習得した技術が書いてあって、訪れた人は自分で看護師を選んで相談する。
他に健康や栄養や運動のことを学べる講座があって、ここに来れば心のことも身体のことも解決できて病院に行く必要がない~
それがナースWellnessセンターです。

 
んで、11月23日朝目覚めてから登壇者さんの紹介文を考え始めたとき、ふっと来ました。
え?ナースサミットって…
ナースサミットって…、もしかして!
ナースWellnessセンターやん!!!

 
私は各都道府県に建てるビルを想像してたんです。
ところがナースサミットは、平面のナースWellnessセンターだった!
会場を決めるとき、講演とブース同じ部屋でやるんですか?仕切りますか?別の部屋にした方がいいと思いますが…と必ず言われます。
いや、同じ部屋でやるのがいいんです!と私はいつもキッパリ。
それは無意識にナースWellnessセンターの構想があったからなんですねー

 
20年後?30年後?の未来が一日限りで実現されるナースサミット。
もはやいいエネルギーしか生まれない。
60名のナースが目先の利益よりも、出会う人のために尽くす一日。
一般の方々の愛と期待によって創られる一日。
もうね、場所や人数がどうであれ、ナースサミットは開催すれば必ず美しいエネルギーが循環するのを確信しました!

 
スピーカーナース、ブースナース、参加者さんからのフィードバックは有り難いものばかりで。
何度もあきらめかけたけど、やっぱやってよかったー!
来年の話、今は考えられないけど、でもたぶんやるんだろうな。笑
今回よりもっと賢く、幸せの連鎖を創り出せそうな気がします!

 

 

 
思い出すどのシーンも嬉しいのですが、いちばん嬉しかったことを%name1%さまにお話させてください。
懇親会でひとり?みんな?記憶が曖昧ですが
「凛子さん、大好きーーーーーーーっ!!!!!」
って、突然ビックリするようなチョーでっかい声で言われました(T_T)。。
わたし、自分の人生でそんなことを言われるなんて考えたこともなくて。
あ、もしかして自分のこと好きになってもいいのかもって思えて。
そのとき私は、とんでもなく【Wellness】でした!

 
「辛いことは、その先で幸せを感じるためにある」
このことも半年間で確信しました。
だから今辛い思いをしていても悲観するのをやめて、しっかり未来を思い描いていれば、向こうからやって来ます。
ただ、自分の創造を信じて受け取る準備をしていればいいのです。

 

 

 
半年間、太陽だけを見続けて走りっぱなしだった私は、そろそろ大地に沈み込みたくて。
月に帰りたい。笑
だけど終了後もなかなか自分を緩めることができなくて。
4日目にして胃痛発作を起こし、風邪をひいて吐いて、発熱しちゃいました。
いちばん自己コントロールできないのは私かもしれない。笑

 
引っ越しマークのパンダちゃんが減って片付いてくると、浮腫みがマシになりました。
おそらく脳細胞も。
場のチカラってほんとスゴイ。
通常見えないモノとの交流をして、場を扱えるようになれるのがWellnessナースだと思います。
時間がかかるかもしれないけど、他の人にはできないことができる人になる。
場づくりは、まさに60兆個の細胞をバランスする予防の在り方と同じなのです。

 
悪寒が治まって今日は何もしないでおこうと思うと、%name1%さまにご報告したくなました。
自分自身とつながる一日にしたいと思います。

 

 
自分自身に従えば不可能はない。
あるとすれば、自分が抵抗しているだけ。
自分を学ぼう、世界を学ぼう、その先に愛があるから。

■□━━━━━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥………

発行者
日本ナースオーブ/山咲凛子

関連記事

  1. ダメな自分に厳しくするよりも、いい部分を褒めてあげれば身体の…

  2. それって支配なの?親切なの?真実はどっち

  3. 死者が語るコトバ

  4. 起業は◯◯できるか試されている

  5. 扉を開くにはどうすれば?

  6. 来たー!奇跡が!