どうしても勇気がなくて、背中を押してほしいときに読むやつ。